予防していても発生

マジックでグラフを描いている男性

チャージバックは適切に対策をしていれば、発生する可能性を限りなくゼロに近づけることはできます。
ですが、そうした対策を行っているつもりになっている企業というのも少なからず存在しています。
例えば、実店舗を持っているような企業の場合、ECで購入したものを実店舗で受取が出来るようにすれば、店頭での確認ができるので安心。チャージバックも発生しないと考えることも少なくありません。
しかし、そうした場合であってもチャージバックの発生リスクは存在しているのです。
店頭で、本人確認書類を確認したり、コピーして一時保管などを行わなければ、正確な本人確認が行われていないということになってしまいます。
きちんと本人確認用の証明となるもののコピーなどを保管しておけば、受取に来た人が本人でない場合にチャージバックの発生を防ぐといったことも不可能ではありません。
しかし、それが出来ていなければ本人確認が不十分となってしまい、カード会社からの支払いを拒否することが出来るようになっているのです。
ですが、イーディフェンダーズの行っているチャージバック保証を活用すれば、そうしたチャージバックの抜け道に対して対策をとることが出来ますし、結果的にチャージバックを未然に防ぐといったことが可能となります。
そうしたうえで、チャージバックが発生した場合であっても、イーディフェンダーズから保証が受けられるため二重の安心を手にすることが出来るようになっているため、現在では非常に多くの企業がこのサービスを利用するようになっているのです。